社会保険労務士法人としてすべての人の「満足」をサポートします|仙台で社会保険労務士(社労士)をお探しなら KOYAMA社会保険労務士法人

セキュリティ対策

  • HOME »
  • セキュリティ対策

高いレベルでの個人情報保護を行っております

KOYAMA社会保険労務士法人では日本では国内最大手の株式会社エムケイシステムが提供する、総合的な人事・労務業務支援ネットワークサービス『社労夢ハウス』を利用しております。

『社労夢ハウス』の大きな特長の一つとして日本でも有数のインターネットデータセンター内に大規模なセキュアサーバーを構築しシステムダウンに対応するため、2重3重のバックアップ対策『IDC』を実施しております。

サーバーで情報を集中管理しておりますので、事務所内のPCに万一のことがあってもデータは守られます。

クラウドシステムの導入によりペーパレス化が進んでおりますが、書類による個人情報の取り扱い等、重要情報が記載された書類もございます。それら重要書類を廃棄処分する際、KOYAMA社会保険労務士法人では契約した専門業者を通じて融解処理を行い、万一の漏洩を防いでおります。

IDCの仕組み

security_img_01

更に詳しく知りたい方はこちらをクリックしてください。

災害時の事業継続が可能

BCP(ビジネスコンティニュイティプラン*)で重要なのがデータのバックアップ体制です。バックアップ体制強化への取り組みとしては、一度の地震で同時に被害を受けない遠隔地でのバックアップ取得や、平時の監視体制の実施及びマニュアル策定などがあります。 ネットde社労夢は、皆様のデータをお預かりしてIDC内でのバックアップ、外部テープへのバックアップ、遠隔地バックアップの3重の管理をしています。

*ビジネスコンティニュイティプランとは日本語訳の「事業継続計画」という名の通り、緊急時にいち早く事業を再開させるための行動計画のことです。 自然災害や事故、集団感染など企業活動の停止に迫られる事態が発生した時のために、必要な復旧体制などを規定しています。

統合脅威管理(Unified Thread Management)システムの導入

KOYAMA社会保険労務士法人では情報セキュリティにおける社内対策を強化すべく、ファイアーウォールやセキュリティソフトの設定の他に統合脅威管理(Unified Thread Management)システムを導入しております。

昨今、オンラインバンキング経由での不正送金被害、詐欺メール経由でのフィッシング被害、ウィルス経由での情報漏えい、サイト閲覧によるパソコン乗っ取り等、インターネット経由での情報被害が相次いでおります。

お客様の重要な情報(顧客情報等)の漏洩を防ぎ、ウィルスメールの誤配信を防止する等の対策をKOYAMA社会保険労務士法人内に施すことで、お客様の情報を守る仕組みを取り入れることが必須であるとの結論に達し、情報セキュリティ対策を可能な限り万全にしました。引き続き安心してお取引いただきたためセキュリティ対策に取り組んでおります。

統合脅威管理(Unified Thread Management)システムの特徴
  • 詐欺メール・フィッシングメールが外部から社内に入らない
  • ウィルスがインターネット経由で社内に入らない
  • ウィルスが万が一社内で感染したとしても、お取引様にウィルスを拡散しない
  • アダルト、ドラック、ギャンブル等、業務上不適切なサイトへのアクセスをしない
  • インターネット経由の、物理的な攻撃から社内の情報を守る(ファイアウォール)
  • PC乗っ取りサイトや、不正送金サイト等危険なサイトへのアクセスを自動で防ぐ

統合脅威管理(Unified Thread Management)システムの概要

security_img_03

KOYAMA社会保険労務士法人が導入しました、統合脅威管理システムは以下のような構成になっております。
インターネットからのあらゆる脅威を防御する仕組みをいち早く導入いたしました。

プライバシーマークの取得と適切な運営を目指して

現在、情報通信やネットワークの発達により、日々膨大な情報がコンピュータ上で処理されています。

その一方、大手企業による情報の漏えいも頻発しており、個人情報の保護が叫ばれる昨今、2015年10月より、行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律(マイナンバー法)が導入されております。

security_img_04

KOYAMA社会保険労務士法人では、そうした現状を踏まえ、適切な個人情報の取扱いの推進と、より高い保護レベルの個人情報保護マネジメントシステムを確立することを目的に、以前より「プライバシーマーク」の取得と、適切な運用を目指した取り組みを行って参りました。そして、この度、2017年1月11日に一般財団法人日本情報経済社会推進協会より、「プライバシーマーク」の認定を受けることが出来ました。

「プライバシーマーク制度は、事業者が個人情報の取扱いを適切に行う体制等を整備していることを認定し、その証として”プライバシーマーク”の使用を認める制度」です。

また、従来、顧問先の事業所様の多くの情報を取り扱う私どもは、SRP認証(社労士会による個人情報保護事業所の認証制度)を取得し、適正な管理を行ってきました。
同制度につきましても、マイナンバー法が施行されたことに伴い、より厳しい基準となり、それに適応した新制度であるSRPⅡをこの度取得致しました。

KOYAMA社会保険労務士法人では、今後も特定個人情報をはじめ個人情報保護に関して、継続的な改善を図り、より一層、顧問先の事業所様の信頼に足る、個人情報の取り扱いに努めて参ります。

「プライバシーマーク」研修の様子をブログにて随時更新しております。

  • ブログページはこちら
  • プライバシーマークについて詳しくお知りになりたい方はこちらをご覧ください。

当法人は個人情報保護事務所としてSRP認証を受けました

この度、KOYAMA社会保険労務士法人は、201721日付けで全国社会保険労務士会連合会より個人情報保護事務所としてSRP(Shakaihoken Roumushi Privacy)Ⅱ認証を受けました。

SRPⅡ認証とは、社会保険労務士法人が個人情報を適切に取り扱っていることを、厚生労働大臣の認可を受けた法定団体である全国社会保険労務士会連合会が公的に認証する社会保険労務士独自の個人情報保護制度です。同連合会の認証基準と審査によって、個人情報を適切に取り扱っていると判断された事務所は、SRPⅡマークとともに認証番号が付与されます。

従来より、私どもKOYAMA社会保険労務士法人は、社会保険労務士という業務の特性上、クライアント企業様の情報には慎重かつ適切に取り扱って参りました。このような中、2005年にスタートした個人情報保護法を皮切りに、個人情報保護に関する社会的意識の高まりや、情報漏えい等の問題が騒がれるようになってきております。このような状況を踏まえ、KOYAMA社会保険労務士法人が、全国社会保険労務士会連合会より公的認証を受け、見える形で個人情報の適切運用を実施していくことは、クライアント企業様への「安心と安全」をご提供できる一つであると考え、今回のSRPⅡ認証取得に至りました。

KOYAMA社会保険労務士法人は、今後も個人情報保護に関するコンプライアンス・プログラムの定期的な見直しと継続的な改善を図り、職員一同、クオリティーの高いサービスを提供して参る所存です。

 

KOYAMA社会保険労務士法人
代表社員 小山 裕司

SRP認証概要

srp%e2%85%a1%e8%aa%8d%e8%a8%bc%e3%83%9e%e3%83%bc%e3%82%af370認証番号第 1600683 号
名称KOYAMA社会保険労務士法人
有効期限自 平成29年2月1日
至 平成31年9月30日
認証機関全国社会保険労務士会連合会

お気軽にお問い合わせください TEL 022-341-5220 受付時間 9:00 - 18:00 [ 土・日・祝日除く ]

access_off

23840032_100_jp 当法人は、一般財団法人日本情報経済社会推進協会から個人情報の適切な取り扱いを行う事業者に付与される、プライバシーマークの認定を受けております。

kyubo

komon_170

bnr_cloud_off

bnr_chingin_off

bnr_jyoseikin_off

bnr_kani_off

bnr_voice_off

bnr_staff_off

bnr_blog_off

bnr_mailmagazine_off

title_rakuraku

無料で各種ご相談を受けつけております。

bnr_rakuraku01_off

bnr_rakuraku02_off

bnr_rakuraku03_off

bnr_rakuraku04_off

bnr_rakuraku05_off

bnr_rakuraku06_off

bnr_rakuraku07_off

PAGETOP
Copyright © KOYAMA社会保険労務士法人 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.